« ル・グレのポストカード2 | トップページ | 一戸智之ピアノリサイタル無事終了 »

2008年7月10日 (木)

一戸智之ピアノリサイタル明日公演

私が制作代表を務める一戸智之ピアノリサイタルが、いよいよ明日弘前市民会館大ホールにて行われます。
一戸智之氏のリサイタルを担当するのは、2004年、2006年、そして2008年と3回目です。


前売り券の販売は、各プレイガイド本日閉店時までの販売で終了となります。
お求めの方は、お早めにどうぞ。
明日正午までは、前売り料金でご入場いただけるチケットのご予約を電話で受け付けております。0172-57-3698(プロダクションPOTIRON)
それ以降は、当日券を会場でお求め下さい。
当日券をお求めの方は、先に当日券の販売窓口でチケットをお求めいただき、ご入場の列にお並び下さい。
皆様のお越しを、一戸智之氏をはじめスタッフ一同心よりお待ち申し上げます。


▼一戸智之プロフィール
 東京音楽大学卒業。パリ・スコラカントルム音楽院(フランス)コンサーティスト課程においてピアノ高等技巧資格、ピアノ高等演奏家資格を最優秀で取得し修了。
 ピアノを中山靖子氏に師事。伴奏法では中山悌一、高折續、原田茂生、ヘルムート・ドイチュ各氏の薫陶を受ける。幼少の頃より、日本学生音楽コンクール、ピティナピアノコンペティション等のコンクールに入賞。音大在学中、クラウス・シルデ教授(元ミュンヘン国立音楽大学学長)のマスタークラスを受講。卒業後、中山悌一教授による洗足学園音楽大学声楽研究室“ドイツ歌曲マスタークラス”助手をつとめる。

 フランスに渡り、パトリス・オリネール、オデット・ドラマールの各氏に師事。エコール・ポリテクニックホール(パリ)、アルボニー・スクエア(パリ)、コルトー・ホール(パリ)等に招聘されリサイタルを開催。1996年、スコラカントルム音楽院第1位ディプロム取得記念として再び、エコール・ポリテクニックホール、スコラカントルム(C・フランクホール)においてリサイタルを開く。1997年、ジャン・ポール・セヴィア、ユージン・インジック(ショパン国際コンクール審査員)各氏のマスタークラスを受講。

 1998年帰国し、東京カザルスホール、北海道余市ニッカ会館でリサイタルを開催。台湾政府=日台交流協会主催による台湾公演(台北市)、最近では(財)東京二期会会長中山悌一氏米寿お祝いの会(東京二期会、大賀典雄指揮)で演奏するなど活動は多岐にわたる。これまでに、“H・ヴォルフの夕べ”(東京オペラシティ)、“R・シュトラウス&H・ヴォルフの夕べ”(東京津田ホール)、ヘルムート・ドイチュ氏によるドイツ歌曲研究会、海老澤敏氏によるモーツァルトレクチャーコンサート、<二期会創立50周年記念>“シューマン・ブラームス歌曲の夕べ”(東京サントリーホール)等、(財)東京二期会ドイツ歌曲研究会主催によるコンサートに多く出演。青森県においては、2004年弘前文化会館、2006年弘前市民会館でリサイタルを開催。2007年には弘前大学フィル(安達弘潮指揮)と共演する。

|

« ル・グレのポストカード2 | トップページ | 一戸智之ピアノリサイタル無事終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178838/22189227

この記事へのトラックバック一覧です: 一戸智之ピアノリサイタル明日公演:

« ル・グレのポストカード2 | トップページ | 一戸智之ピアノリサイタル無事終了 »