« 理右衛門小路10周年記念イベント 〜黒石に元気な風を〜 | トップページ | 国指定名勝 盛美園 »

2007年11月 4日 (日)

国指定重要文化財 高橋家住宅

青森県黒石市のこみせ通り沿いには、国指定重要文化財の高橋家住宅があります。
高橋家住宅は、江戸時代の商家で黒石藩御用達として主に米を扱ったことから屋号を『米屋』というそうです。
この高橋家住宅の中には、土間の喫茶コーナーがあります。
東京から来客があると、必ず案内する場所です。
喫茶コーナーでは、珈琲&紅茶はもちろんのことお汁粉やあんみつなどを食べることができます。
土間の喫茶コーナー、しかも国指定重要文化財で珈琲が飲めたりすることに、私はとても魅力を感じています。
高橋家住宅は、現在でも人が暮らしている建物で通常座敷に上がることはできません。
しかし、土間から座敷を見学することはできます。
また、美しい庭を見て回ったり、天気が良ければ庭でティータイムも可能です。
高橋家住宅は、外に暖簾が出ていれば入ることができます。
見学は無料ですが、ぜひ珈琲などを飲みながらゆっくりとしてみては如何でしょう。
高橋家の奥様も大変気さくで魅力的な方です。

▼国指定重要文化財 高橋家住宅
所在地:青森県黒石市中町38(こみせ通り沿い)
営業時間:9:00〜17:00
定休日:不定休(12月〜4月中旬は、要予約)
お問い合わせ:TEL.0172-52-5374(高橋家)


こみせ通り沿いの高橋家住宅です。
こみせまつりなどのときは、ライトアップされます。


藩政時代から今に残る木造アーケード状の通路を『こみせ』といいます。
高橋家へ入ると、土間が広がっています。


座敷には、上がれませんが土間より見学することはできます。


土間のところには、こぢんまりとした喫茶コーナーがあります。
私は、お汁粉、あんみつ、珈琲がお気に入りです。


庭も見学することができます。
天気がよい日には、庭もおすすめです。
冬は、庭にかまくらが作られていたこともありました。





掲載の写真は、高橋家奥様の許可を得て撮影アップしています。
ブログへの掲載を快く承諾してくださいまして、ありがとうございます。(・_・)(._.)

|

« 理右衛門小路10周年記念イベント 〜黒石に元気な風を〜 | トップページ | 国指定名勝 盛美園 »

コメント

ここって先日、志村けんが来てたところですよね?すごい美味しそうにお餅食べてましたよ。私もお汁粉大好きです。行ってみたいな~とっても興味ありです。テレビで見たときから気になってたんですよね~こんな素敵なところが黒石にあっただなんて・・・

投稿: oba | 2007年11月 8日 (木) 09時16分

そうですよ〜。
丁度その日、私も行きました。
志村けんを始め芸能人の皆さんには、行き違いでお会いできませんでした。
「さっきまでいらしたのよ」と奥様が言われていました。
お気に入りの場所なので、私も月に数回足を運んでいます。
高橋家住宅で、コンサートをしたこともあります。

投稿: 堀 清戸 | 2007年11月 8日 (木) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178838/8754345

この記事へのトラックバック一覧です: 国指定重要文化財 高橋家住宅:

« 理右衛門小路10周年記念イベント 〜黒石に元気な風を〜 | トップページ | 国指定名勝 盛美園 »