« 観月祭 | トップページ | 純金こけし売却へ »

2007年9月30日 (日)

田んぼアートの稲刈り

青森県南津軽郡田舎館村の田んぼアートは、9月30日(日)に稲刈りが行われました。
今年で15回目となる田んぼアートは、田舎館村役場脇の田園で毎年開催されているもので村おこしの一環行事として始められました。
今では、テレビニュースや新聞などで広く知れ渡り、全国から巨大な田んぼアートを見に多くの見物客が訪れます。
稲刈り体験ツアー参加者(約500人)は、秋晴れの天気の下、カマを手に汗を流していました。
田植えと稲刈りは、毎年一般の参加者を募って行われています。
頭を垂れた稲は、参加者の手により刈り取られ、手際よく天日干しのためほにょ掛けされました。
2003年からの田んぼアート作品は、ブログサイドバー(右側下)で見ることができます。

第15回目の田んぼアート作品は、葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』と『凱風快晴(赤富士)』です。
参加者の手により、みるみる刈り取られていきました。


子供達も田んぼに入り、稲刈りを楽しんでいました。


農家のお母様方は、流石手慣れています。


参加者の方に声をかけ、カマで稲刈りをされているところの写真を撮らせていただきました。
掲載の写真は、ご本人の許可を得て撮影アップしています。
ご協力、ありがとうございます。(・_・)(._.)


刈り取られた稲は、手際よく『ほにょ掛け』されていきます。
縦の棒に重ねて干すことを一般的に『ほにょ掛け』と言い、横の棒に干すことを『はせ掛け』と言います。
『ほにょ掛け』をされている方にお話を伺ったところ、津軽地域では『ほにょ掛け』のことを『棒掛け』と言うそうです。


今日は、イベントということで田舎館のねぷたが展示され、アイスクリームの販売車なども出ていました。


田んぼアートは、広大な田んぼを利用しているので近くで見ても何だかわかりません。
田舎館村役場の展望台(天守閣)から見下ろすことができます。
天守閣には、カメラマンも多く来ていました。


天守閣から『神奈川沖浪裏』と『凱風快晴(赤富士)』の絵柄が消えゆく様子を、暫く眺めました。


見下ろすと、人の姿も小さく見えます。


『ほにょ掛け』の作業も次々と進み、11時頃には予定していた作業も終盤となりました。


来年の絵柄は、何でしょうね?…楽しみ!!
参加者の皆さん、主催者の皆さん、お疲れ様でした。

|

« 観月祭 | トップページ | 純金こけし売却へ »

コメント

昨年、初めて「田んぼアート」を見て、いつかは稲刈りに参加したいと思っていた願いが叶って今年、参加しました\(*^▽^*)ノこの広大な田んぼアートはいつまでも続けて欲しいですね。意外と楽しかった稲刈り作業、来年も参加したいと思います(^^)v

投稿: oba | 2007年10月 3日 (水) 16時06分

obaさん、いらっしゃ〜い。
ご訪問&コメント、ありがとうございます。(・_・)(._.)
稲刈り体験、されたのですね。
私は、毎年撮影に走っています。(^_^;)
またいつでも気軽に書き込みしてくださいね。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 堀 清戸 | 2007年10月 3日 (水) 21時17分

すっごい\(*^▽^*)ノ
可愛くリンクしていただいて本当感謝です。
ありがとうございます。
「津軽便り」は情報満載で飽きのこないブログですね。今度、休みの日にゆっくりみたい記事がたくさんありました(;^_^A)
「カフェテラスKERARA」も行ってみたいな~一人で気軽に入れる店っていいすね(^ー^)

投稿: oba | 2007年10月 5日 (金) 10時50分

obaさん、こんにちは〜☆
ケララは、時々コンサート会場として利用させてもらっています。
カウンターとホールは奥様が出ていらっしゃるのですが、とても気さくで素敵な奥様です。
行かれることがありましたら、「津軽便りを見てきました」と一声かけてあげてください。
きっと満面の笑みで迎えてくださると思います。
黒石のル・グレもお勧めです。
ル・グレへは、月に最近では5回くらい足を運んでいます。
こちらも津軽便りのことをマスターご夫妻ご存知です。
というか、ル・グレのネット窓口を私がしているような感じで…。(^_^)
mixiでも、ル・グレのコミュニティーを私が管理しています。

投稿: 堀 清戸 | 2007年10月 5日 (金) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178838/8175883

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼアートの稲刈り:

« 観月祭 | トップページ | 純金こけし売却へ »