« 市民のためのクラシックの夕べ | トップページ | 美容室オサナイ »

2007年8月20日 (月)

つゆやきそば&津軽伝承工芸館

青森県黒石市では、最近焼きそばが大人気です。
『黒石やきそば』は、太い平麺が特徴的のようです。
そして、『つゆやきそば』というのもあります。
こちらは、やきそばにそばつゆもしくはラーメンのスープがかかっているものです。
テレビで紹介されて以来、県内外から『黒石やきそば』や『つゆやきそば』を食べようと訪れる人がとても多くなったそうです。
そこで私も津軽伝承工芸館にあるレストランもみじで、つゆやきそばを食べました。
つゆには、ソースの甘酸っぱさが溶け込むように広がり、クセになりそうな味でした。
具は、豚肉、キャベツ、タマネギ、ニンジンで、天かすがかかって薬味のネギが添えられています。
小さめのおにぎりと漬物も付いていました。

津軽伝承工芸館には、津軽ならではの各工房があり、津軽塗りの作業を見ることが出来たりもします。
手焼きの津軽せんべいも美味しいです。
これからの時期は、リンゴも出回るようになります。
また、100人足湯や展示資料室なども無料で楽しめます。
ねぷた、大川原の火流し、黒石よされなどの資料やパネルが展示され、パソコン画面などでも黒石の情報が学べるようになっています。
隣接する津軽こけし館では、1口1万円から純金こけしのオーナーを募集中です。

891234567




|

« 市民のためのクラシックの夕べ | トップページ | 美容室オサナイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178838/7610126

この記事へのトラックバック一覧です: つゆやきそば&津軽伝承工芸館:

« 市民のためのクラシックの夕べ | トップページ | 美容室オサナイ »