« 黒石市の温泉 | トップページ | カフェテラス・ケララ »

2007年1月20日 (土)

太宰治 まなびの家

青森県五所川原市(旧金木町)には、明治40年に津島源右衛門の手で建設された斜陽館があります。
津島源右衛門は、作家太宰治の父です。
斜陽館は、とても立派な建物で当時の工事費は約4万円と言われています。
現在は、『太宰治記念館』として公開(有料)されています。
県内外から太宰治のファンや多くの観光客が訪れています。

青森県弘前市には、旧藤田家住宅(弘前市文化財)があります。
こちらは、大正10年に藤田豊三郎氏の住居として建てられたものです。
津島修治(太宰治)が、官立弘前高等学校在学の昭和2年~5年まで3年間下宿していたところです。
現在は、『太宰治 まなびの家』として公開(無料)されています。
2006年4月にオープンしたもので、弘前市の新しい名所として知られつつあります。
弘前を旅するときに、訪れてみては如何でしょう。

▼太宰治 まなびの家
場所:青森県弘前市御幸町
開館:10:00〜16:00
料金:無料
駐車場:あり

写真は、3枚とも太宰治 まなびの家です。
中央の写真は、津島修治(太宰治)が下宿していた6畳間です。
当時の机などが、そのまま残されています。

1_182_173_14

|

« 黒石市の温泉 | トップページ | カフェテラス・ケララ »

コメント

太宰治って青森の方だったんですね~。
「太宰治 まなびの家」に行くと、頭が良くなる気がします(^^♪

投稿: たっきー | 2007年1月21日 (日) 19時40分

自分も作家になるぞ〜!!って気になるかも。(^^

投稿: 堀 清戸 | 2007年1月21日 (日) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/178838/5001465

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰治 まなびの家:

« 黒石市の温泉 | トップページ | カフェテラス・ケララ »